カテゴリー
マリンスポーツ

ウェイクボードやスノーボート-マリンとウインタースポーツ

話題のウェイクボードという運動は水上のスノーボードとも言われています。遊び方は水上スキーと同じスタイルで、スピードボードにロープを繋いで水面を走るのが特徴のスポーツです。

まるごと沖縄体験・琉球村は歴史ある民家を複数移築して保存している以外にも、藍染の体験講習や三線・エイサーの推進、沖縄のおばあさんとの楽しいお喋りなどを実際に見て体験できる施設です。

連日出航している食事を楽しめる客船「モビーディック号」で南国沖縄の華やかな夕日に染まる風景に包まれながら、本格的なごちそうをご堪能ください。

ウィンドサーフィンだけのポイントは何だと思いますか?帆にかかる大気圧を左右の手で瞬時に調節すると滑らかに乗っているボードが移動し始めます。

講習においては疲労困憊のダイバーや傷を負ったダイバーの救助法水面アシストの方法、海から上がってからの搬送法、応急処置など役に立つ知識を全般的に学習します。

ダイビング教室では、講習を受ける費用の他にプール使用料や教材費、実際の海での実習に絶対に使われる施設の利用料、海への往復運送費やホテル費用、更にはレンタル器材代なども覚悟しなければなりません。

憧れのクジラの雄大な動き方を見てみたい!という人に行ってみてほしいのが、時間のかからないクルージングで目指す快適なホエールウォッチングです。

沖縄本島に残っている無垢の自然を廻るアウトドアの旅がおすすめです。シーカヤックで無人の小島に上陸したり、深い森で思い切って滝壺に飛び込んだりと雄大な自然に触れることができます。

ちょうどよい小舟に揺られながら不思議な紅樹林(海漂林)探検を体験し、大きなサンゴが息づくインドネシア・レンボンガン島の美しい海をドリフトシュノーケリングしませんか?

頬をなでる暖かい風、心が落ち着く川のせせらぎ、楽しそうな鳥の鳴き声。それ以外の雑音は1耳に入ってこない。両岸に存在するマングローブ(紅樹林)は、まさに絵に描いたような南の国の風景。

那覇を基点にダイビングしたいと考える場合に候補に挙がるのは絶対チービシエリアです。どちらかと言うと初心者の方でも安心のポイントが連なり、非常に気軽にボートダイビング体験が出来るでしょう。

サンゴで有名なインド洋に是非潜ってみて!インドの西に位置するモルディブはまさしくリング状の26もの環礁が南北に800キロも連なっており、はるか古来より「真珠の首飾」と称されてきた。

スキューバダイビングをトライしたいそこの人、ダイビング免許が得たいと期待する皆さんは、思い切って遠慮せずお聞きください。

様々な国のマリンリゾートでパラセーリングは特に気楽で安全性の高いマリンスポーツで、ゲストに驚き・喜び・安らぎ・満足を与え、ゲストを大空の旅へと導いております。

「とっておきのマリンスポーツはやっぱり自分で決めたい!」と希望されるユーザーに向けて、料金に即したフリーチョイスメニューも新しくお目見えしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です