カテゴリー
マリンスポーツ

ウェイクボードやスノーボート-マリンとウインタースポーツ

話題のウェイクボードという運動は水上のスノーボードとも言われています。遊び方は水上スキーと同じスタイルで、スピードボードにロープを繋いで水面を走るのが特徴のスポーツです。

まるごと沖縄体験・琉球村は歴史ある民家を複数移築して保存している以外にも、藍染の体験講習や三線・エイサーの推進、沖縄のおばあさんとの楽しいお喋りなどを実際に見て体験できる施設です。

連日出航している食事を楽しめる客船「モビーディック号」で南国沖縄の華やかな夕日に染まる風景に包まれながら、本格的なごちそうをご堪能ください。

ウィンドサーフィンだけのポイントは何だと思いますか?帆にかかる大気圧を左右の手で瞬時に調節すると滑らかに乗っているボードが移動し始めます。

講習においては疲労困憊のダイバーや傷を負ったダイバーの救助法水面アシストの方法、海から上がってからの搬送法、応急処置など役に立つ知識を全般的に学習します。

ダイビング教室では、講習を受ける費用の他にプール使用料や教材費、実際の海での実習に絶対に使われる施設の利用料、海への往復運送費やホテル費用、更にはレンタル器材代なども覚悟しなければなりません。

憧れのクジラの雄大な動き方を見てみたい!という人に行ってみてほしいのが、時間のかからないクルージングで目指す快適なホエールウォッチングです。

沖縄本島に残っている無垢の自然を廻るアウトドアの旅がおすすめです。シーカヤックで無人の小島に上陸したり、深い森で思い切って滝壺に飛び込んだりと雄大な自然に触れることができます。

ちょうどよい小舟に揺られながら不思議な紅樹林(海漂林)探検を体験し、大きなサンゴが息づくインドネシア・レンボンガン島の美しい海をドリフトシュノーケリングしませんか?

頬をなでる暖かい風、心が落ち着く川のせせらぎ、楽しそうな鳥の鳴き声。それ以外の雑音は1耳に入ってこない。両岸に存在するマングローブ(紅樹林)は、まさに絵に描いたような南の国の風景。

那覇を基点にダイビングしたいと考える場合に候補に挙がるのは絶対チービシエリアです。どちらかと言うと初心者の方でも安心のポイントが連なり、非常に気軽にボートダイビング体験が出来るでしょう。

サンゴで有名なインド洋に是非潜ってみて!インドの西に位置するモルディブはまさしくリング状の26もの環礁が南北に800キロも連なっており、はるか古来より「真珠の首飾」と称されてきた。

スキューバダイビングをトライしたいそこの人、ダイビング免許が得たいと期待する皆さんは、思い切って遠慮せずお聞きください。

様々な国のマリンリゾートでパラセーリングは特に気楽で安全性の高いマリンスポーツで、ゲストに驚き・喜び・安らぎ・満足を与え、ゲストを大空の旅へと導いております。

「とっておきのマリンスポーツはやっぱり自分で決めたい!」と希望されるユーザーに向けて、料金に即したフリーチョイスメニューも新しくお目見えしました。

カテゴリー
マリンスポーツ

マリンスポーツで遊んだりした体験

多数のダイビング技能を身に着けます。講義はおおよそ数時間で学習が実行できオープン・ウォーター・ダイバー・コース合格後直ぐに開始できるプログラムです。

恩納村におけるダイビングの実際を、従業員が撮影した写真でご覧ください。人気のある恩納村でのダイビングが果たしてどのような見え方をするのかを知りたいと思っている方、みて下さい。

この美ら風という工房は、粘土から作る勇ましい「シーサー」、800種類を優に超す色鮮やかなガラス細工を組み合わせて作製するキラキラ輝く「キャンドル」や「オルゴール」など、世界に一つしかない作品作りに挑戦できる一押しの体験工房です。

1年365日出航しているレストラン船「モビーディック号」で沖縄県の得も言われぬ夕日で紅く染まった風景を鑑賞しながら、ハイクラスなお料理を味わってください。

目が悪くてもマスクをすることによって海中では辺りが1.25倍ほど大きくなって見えるので、視力が0.5程度は何とか確認できる方であるなら何にも気にする必要はないと思われます。

沖縄においては暑い時期に県外のダイバーがおおいので、その時だけお手伝いさん(夏場だけのスタッフ)が常駐していないのは凄く珍しいお店だと言われます。

全国のダイバーの触れる!常に美しい日本海の海を飛び込むために様々なダイバーたちが大海原に集まります。

沖縄は温かいので春・夏・秋・冬に影響されることがなく一年を通じて潜れます。訪れた時期により海の表情が変わり、それによって潜るべき地域も変えることが重要になってきます。

マリンパックは予約するホテルからの車での送迎や、様々なマリンスポーツで遊んだり、ランチ1食、内容を選べる150分間のくつろぎスパまで付いたオールインワン・コースです。

カヤックツアーというものは、もうお分かりだと思いますがカヤックを使って自分で懸命にパドルを操作して、両方の岸に海漂林が存在する川を上流に向かっていく内容です。

特に何もなくレクチャーを経験して、希望していたダイバーとしてのスタートラインにたてた初級ダイバーさん、それでは海外の海にでもダイビングのために飛び出しましょう。

「やっぱりダイビングとなると相当持っていかれるよね?」そのように思い込んでいる人は大勢います。だけど、毎年潜っているダイバーたちは「迷うことなくそれ以上の値打ちはある」と異口同音に答えるでしょう。

少ない人数で肩のこらない応対、安心感のある満足できるダイビング方法を体験できます。あなたも簡単に開始できます。

数多くのダイビング技能を実現します。訓練は時間にすると数時間で学習が完了しオープン・ウォーター・ダイバー・コース獲得後直ぐに実施できるカリキュラムです。

人気の高い沖縄にはいろんなビーチがあり、当日の海の状況により一番のおすすめな地区に引率させていただきます。ボートのみでしか進むことができない地区に先導するボートプランに人気が集中しています。